クジラの寿命、最大で200年以上も!体が大きいほど長く生きることができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

深い海の中で暮らすクジラたちの寿命はどのくらいのものなのでしょうか。

クジラの種類によって結構な差があるようです。

スポンサーリンク

クジラの寿命はかなり長く最大で200年以上生きる鯨もいる

クジラはとても大きい哺乳類で、呼吸方法こそ私たち人間と同じように肺呼吸ですが、深い海の中で暮らしているため謎めいた存在です。

2015_06_04_1_1

そんなクジラたちの寿命というのはいったいどのくらいのものなのでしょうか。

調べてみるとクジラの種類や環境によって随分と差があることがわかりました。

種類ごとにわけてどのくらいの寿命なのかみてみましょう。

 ミンククジラ

ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属するミンククジラです。

またの名をコイワシクジラ(小鰯鯨)とも呼ばれるミンククジラはヒゲクジラ亜目の中でも2番目に小さい鯨種で、成獣でも平均体長7~10メートルほど。

寿命は約50年

マッコウクジラ

ハクジラ亜目マッコウクジラ科に属するマッコウクジラです。

ハクジラ類の中で最も大きいクジラで、全長は16~18メートルになります。

寿命は約70年

イワシクジラ

ナガスクジラ科のイワシクジラ。

全長は最大で17~20メートル
寿命は約74年

ザトウクジラ

ナガスクジラ科に属するザトウクジラです。

標準的な固体で11~16メートルほどの中型ですが、特に南半球の大きなものでは19メートルにもなるそうです。

寿命は約77年

ナガスクジラ

ヒゲクジラ亜目に属するナガスクジラ。

体長は20~26メートルとかなり大きく、現在生きているクジラの種類ではでは世界最大といわれるシロナガスクジラに次いで、2番目に大きなクジラです。

とても長生きで、寿命は約100年とされています。

シロナガスクジラ

地球の歴史において生物史上最大の多きさ、シロナガスクジラです。

体長は20~34メートルにも達します。特に南半球に生息するシロナガスクジラは巨大。

寿命は約100~120年

ホッキョククジラ

ヒゲクジラ亜目セミクジラ科ホッキョククジラ属に属するホッキョククジラ。

ホッキョククジラはその名のとおり、生涯を北極海とその周辺で過ごす珍しいクジラです。

体長は20メートルほど。
しかし極端に冷たい海の中にいるせいもあってなのか、最近の研究では寿命が約150~200年にもなることがわかりました。

一般的に南半球のクジラほど大きく、大きいクジラほど寿命が長いがホッキョククジラのような例外もある

前述した平均の体長や寿命をみてみると、一般的に体長の大きいクジラほど長く生きることがみてとれます。

また同じ種類のクジラでも、南半球に生息しているクジラの方が北半球生息のクジラよりも大きいものが多いです。

ただホッキョククジラのように、生涯を冷たい海で過ごすようなクジラは体長だけでは考えられないほど長寿命ですね。

クジラは色々と謎の多い生き物です。種類や環境でも左右されますが、いずれにしても人間と同じか、それ以上に生きる長寿の生物であることがわかりましたね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク