知ってた?クジラとイルカの違いは大きさで区別してたという話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「クジラとイルカの違いは何?」と聞かれたら即答できる人はそう多くないかもしれません。

どちらも海に棲む哺乳類ですが、いったい何がクジラとイルカを区別する要因なのでしょうか。

スポンサーリンク

実は大きさで区別する。大きいのがクジラ、小さいのがイルカという単純なわけ方

「えっと、大きいのがクジラで小さいのがイルカ?」なんて答えたら稚拙で子供の回答だろうと思われるかもしれませんが、実はこれが正解という驚愕の事実!

2015_05_29_1_1

イルカというのは「哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目」に属する比較的小さい種類の総称とされています。

「ほにゅうるいこうくじらぐう……てい……」

専門的な用語を持ち出すと途中で読む気がなくなるほど面倒な分類になりますが、この分類すら区別において明確なものとはいえません。

生物としての分類上はイルカとクジラというのは差がないのです。

非常に近い生き物、またはほぼ一緒といえるかもしれませんね。

しかし面白いことに日本だけではなく世界的に見てもイルカとクジラは区別をつけて別の生き物であるという認識なのです。

イルカならば「Dolphin」と呼び、クジラならば「Whale」と呼びますよね。生物学上はほぼ一緒なのに、人間はやはりイルカとクジラは別物と考えています。

ではイルカとクジラは何を根拠に区別しているのでしょうか。

ここで基準になるのが冒頭にも書きましたが、生物としての「大きさ」なのです。

大まかに分けてしまえば、ハクジラ亜目に属しているものの内、

  • 大きさが3メートル以下のものがイルカ
  • 大きさが3メートル以上のものがクジラ

とみて良いようです。

しかしこの基準さえ絶対的なものではなく、著書によっては4メートルから5メートルを基準にすべきと書いてあったりしたりとなんとも微妙なラインなのだとか。

口の中に歯があって、体が小さくてギュギュギュと鳴いていればイルカで良いんじゃないかなという認識

違いについて語りだしたら学者を呼んでこなければならず、さらに複数人集めようものなら結論はでないかもしれません。

理解を深めるためイルカの動画も見て確認してみましょう。

うん、可愛い!

「口の中に歯が有り、体が小さめ」であればそれはイルカということでもう良いのではないでしょうか。

あとは「ギュギュギュ」と鳴き声を出していれば完璧かもしれません。誰かに聞かれたら得意げに答えてあげましょう!

なんとも投げやりに見えますが、これがほとんど正解に近いと思います。それほどイルカとクジラというのは近い存在ということなのです。

同じなのに違う生き物。
海に棲んでいるのに肺呼吸。

イルカやクジラは実に不思議な生き物ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク